# Cart
0

玄米でつくる和風ライスバーガー「玄米つくねバーガー」【ごはんソムリエの玄米レシピ】

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載ではお米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

栄養たっぷり「玄米つくねバーガー」


サラリーマンが会社帰りに食べる哀愁たっぷりのCMが流れたことで、知名度がさらに上がってきている「ごはんのハンバーガー」。玄米で作ると、軽食としても最適で、私は子どもたちの塾前ごはんに作ったりしています。

“おにぎり”や“おにぎらず”よりも、お肉や野菜をたっぷりはさめるのも良いところ。玄米ごはんを冷凍しておけば、つくねもレンジ調理でラクラク。

最近は100円ショップでも可愛いワックスペーパーがたくさん売っているので、包むのもオススメです。見た目のオシャレさだけでなく、具材がこぼれ落ちずに食べやすくなりますよ。

今回は、最後にワックスペーパーを使った「バーガー袋」の作り方もご紹介します。

「玄米つくねバーガー」の作り方

<材料(小4個分)>
・玄米ごはん:お茶碗2杯分
・片栗粉:大さじ2
・鶏ひき肉:200g
・たまねぎ:1/4個
・グリーンリーフ:1〜2枚
・オイスターソース:小さじ1

たれ
・砂糖、白いりごま、日本酒、しょうゆ:各大さじ1

1.たまねぎはみじん切りにし、耐熱皿にのせてラップをする。600wで2分レンジ加熱する(調理後の耐熱皿はそのまま使います)。


2.ポリ袋に鶏ひき肉、片栗粉の半量、1の玉ねぎを入れ、よく混ぜ合わせる。


3.ビニールを開き、手に水をつけて4等分にする。


4.平たい丸型に成形して1の耐熱皿に並べ、たれを回しかけてラップをする。600wで6分レンジ加熱する。


5.玄米ごはんに残りの片栗粉を混ぜて8等分にし、ラップにはさんで平たくする。


6.フライパンにごま油(分量外)を薄くひき、ごはんを片面2分ずつ焼き、途中オイスターソースをスプーンなどでさっと塗る。


7.ごはんにグリーンリーフ、たれを馴染ませたつくねをのせてはさむ。


バーガー袋の作り方

<材料>
・ワックスペーパー
・マスキングテープ
※ワックスペーパーはオーブンシート、マスキングテープはセロテープでも代用可。

1.四角いワックスペーパーを半分に折る。


2.さらに半分に折り、折った部分をハサミで切る。


3.2で切った部分を5mmほど折り返して、マスキングテープでとめる。



おしゃれなバーガー袋で包めば、おうちでピクニック気分に♪ 子どもも楽しく食べられる玄米バーガー、ぜひ作ってみてください。

この記事の転載元
SMART AGRI(スマートアグリ)
「SMART AGRI」はAI・IoT・ロボットといったスマート農業について、農業関係者が必要とする情報をわかりやすくお伝えする農業×ITの専門メディアです。