# Cart
0

生産者の声-Farmer's Voice

世界農業遺産の地で育まれた
能登の特別栽培米です

生産者:宮崎数馬石川県輪島市 有限会社 ファーマー
奥能登

コシヒカリ

日本の代表的な品種である「コシヒカリ」は、石川県で最も多く作付けされている品種です。産地によってさまざまなが味わいが付加されています。海に囲まれた傾斜地である能登半島は、新潟県魚沼市とほぼ同じ経度に位置し、肥沃な土地を持つ石川県一の米どころです。豊かな粘りと甘みを米粒いっぱいに蓄えた自慢のお米です。

宮崎さんの「コシヒカリ」は、どんなお米なのでしょう?

輪島市がある能登半島は、「能登はやさしや土までも」と称されるように土地が肥えていることで有名です。スマート米を栽培している圃場は海に囲まれた傾斜地に位置しており、珪藻土が含まれているため、ミネラル分が豊富なお米ができます。昼夜の寒暖差も1年を通じて大きいという、いい米ができる条件も整った理想的な地域です。豊かな食文化が育まれた能登生まれのコシヒカリを、ぜひ能登の食材とともに味わってみてください。

農家からのメッセージ

私どもファーマーがある「本郷」という地域は、棚田などが並ぶ典型的な中山間地で、石川県で最も過疎が進んでいる地域でもあります。その中でファーマーは、高齢の農家さんや離農される農家さんの圃場での栽培を請け負いながら、能登地域の農業法人と協力して、この地域の農業と里山の保全に努めています。

#

2021年のスマート米となるコシヒカリには、「ピンポイント農薬散布」と「ピンポイント施肥」を行っています。ピンポイント農薬散布では、栽培中の散布の際にドローンによるAI画像解析で必要な箇所にだけ散布することで、大幅に薬剤の使用を減らすことができました。また、ピンポイント施肥では、生育にムラがあった圃場の状況をこちらもドローンで撮影した画像をAIで解析し、必要な箇所にだけ自動飛行で肥料を追加することで、圃場全体の生育ムラの解消と収量アップにも貢献しています。

これらの技術を用いることで、防除の回数も資材のコストも減らすことができ、作業時間や日程の確保もかなり軽減できました。私どもでは、特別栽培米の認証を取得するための農薬使用量50%に加えて、圃場によっては60%、70%と使用量削減を実現し、できるだけ安全でおいしい能登のお米をご提供できるよう努めています。
こうした取り組みの甲斐あって、耕作できなくなったらファーマーに預けるという流れになってきたため、地主さんに交渉の上で、いまある圃場の区画を整備しなおしてより効率化したいと思っています。

「スマートアグリプロジェクト」では、栽培したお米を全量買取してオプティム自身が販売まで行ってくれるところもいいですね。これまでも生産・収穫はできても販売まで行うのは難しかったので願ってもいない話です。 担い手よりも耕作放棄地の方があふれていて、もはや自分だけではどうにもならないと思っていましたが、スマート農業技術が入ってくることで、解決できるようになると思います。

#

西の米どころ・
丹波篠山が生んだ
こだわりのおいしいお米

生産者:構井友洋兵庫県丹波篠山市 株式会社丹波篠山かまい農場 ※2020年栽培のスマート米「丹波篠山コシヒカリ」は、9つの協力農家が栽培しています。
丹波篠山

コシヒカリ

魚沼産と並び称されるブランドである丹波篠山産のコシヒカリ。産地の兵庫県篠山市は、昼夜の寒暖差が大きい盆地特有の気候により、甘みと粘り気を持つ理想的なコシヒカリが生まれます。黒枝豆や山の芋と並ぶ、丹波篠山の代表的な農産物です。

丹波篠山コシヒカリは、新潟・魚沼産と並び称される米どころの兵庫県丹波篠山地域の9つの農家の方が丹精込めてつくったおいしいお米。減農薬による栽培で安全性も重視しています。さらにドローンを使って農家の方の負担も軽減し、持続可能な米づくりを行っています。

篠山地域でスマート米を栽培した農家の一つ、(株)丹波篠山かまい農場の構井友洋さんに、丹波篠山コシヒカリはどんなお米かを聞きました。

構井さんがお米を作っている丹波篠山市は、どんなところですか?

盆地特有の気候で、昼夜の寒暖差が大きく米作りに適した場所です。お米は昼間に作り出した養分を夜、稲穂に蓄えるといわれ、夜の気温が低いほど養分が使われずに食味がよくなるといわれています。山から濾過された良質な水も豊富で、私の田んぼでは水はけがとてもいいということも、おいしいお米作りに欠かせない要素です。お米のほかにも、丹波篠山の農産品には「丹波篠山黒枝豆」などの特産品があります。

丹波篠山のコシヒカリはどんなお米なのでしょう?

炊きたてはもちろんおいしいですが、おにぎりにして、冷えてからもうまいという評判をいただいています。食味テストでも新潟・魚沼産と変わらないほどの強さで、かめばかむほど甘みがにじみ出るお米です。そのおいしさはプロからも信頼されており、阪神間のお米にこだわるレストランなどでも選ばれています。

農家からのメッセージ

私たちが米作りをしている丹波篠山地域も高齢化が進み、人が少なくなるなか、どのように農業を守っていくかが課題です。山間部のため獣害が多く、対策のための草刈りや柵の点検などにも人手がかかります。

省力化のために、営農管理アプリを導入するなどしてきましたが、今回オプティムの手助けを得てスマート米を生産することになり、ドローンを活用した米作りに取り組みました。ドローンによってこれまで4日かかっていた防除作業が2日で終わり、減農薬によりコストも削減できるなど、圧倒的な省力化の効果がありました。

今年は9つの農家がこの「丹波篠山コシヒカリ」を栽培し、スマート米のいちブランドとして販売することになりました。こうした機械化が進めば、農業になじみがない若者にも入職してもらえる可能性があるのでは、と期待しています。
また、スマート米はオプティムが販売してくれるというところも助かっています。農家自身が新たな販売先を開拓していくのは、ノウハウがなく難しい面も多いのです。

今回のスマート米の取り組みをきっかけに、丹波篠山のおいしいお米を多くの人に知っていただくとともに、丹波篠山産のお米というブランドを確立させて持続可能な地域づくりに貢献していきたいと思っています。農家レストランを開いて、集落の雇用にもさらに貢献したいという夢もあります。

地域が一丸となっておいしく安心なお米づくりを頑張っていますので、ぜひ丹波篠山コシヒカリを一度味わっていただきたいです。ダイレクトにお客様の反応を感じられるのが楽しみですので、いい評価も厳しい評価も教えていただけると励みになります。

スマート米「丹波篠山コシヒカリ」を栽培いただいた協力農家さん

構井さん
株式会社丹波篠山かまい農場
阪東さん
耕しや
大前さん
株式会社ツトムファーム
明山さん
株式会社ニューファームみのり
大内さん
株式会社丹波篠山大内農場
川崎さん
農事組合法人西紀農産加工組合
田渕さん
農事組合法人丹波たぶち農場
石田さん
有限会社みたけの里舎
原さん
株式会社アグリヘルシーファーム