# Cart
0

春のお彼岸に!子どもと作ろう「玄米おはぎ」【ごはんソムリエの玄米レシピ】

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載ではお米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

子どもと一緒に作ろう!「玄米おはぎ」


「手作りのおはぎ」と聞くと、ハードルが高いように感じるかもしれませんが、実は簡単。炊飯器とボール、ラップがあれば、誰でも作ることができます。

おはぎの良さは、もっちりとしたお米と風味のある甘さが混ざり合うハーモニー。玄米で作る場合には、「酵素玄米(寝かせ玄米)」や「もち米を混ぜて炊いたもの」で作るのがおすすめです。

■酵素玄米の作り方はこちら
もちもちでおいしい酵素玄米のつくりかた!玄米が苦手な人にもおすすめ

今回は、無洗米玄米にもち米を混ぜたものを使用します。粒あん、きな粉、青きな粉の3種をご紹介しますが、中にあんを包んできな粉や黒ごまをまぶしたり、大きさもお好みで変えていただいて構いません。うちのこどもたちは、小さめに作った粒あんおはぎに、きな粉をたっぷりかけて食べるのが大好きです。残ったきな粉を取り合う姿を見ると、笑みがこぼれます。

自分たちで作り、出来立てを食べられるのも手作りの良さです。ごはんをつぶしたり、丸めたりする工程は、楽しい共同作業。小さいお子様がいる場合には、お砂糖を減らしてみたり、好みにあったオリジナルを作ってみてください。

「玄米おはぎ」の作り方


<材料(小10個分)>
・無洗米玄米:0.5合(75g)※無洗米玄米は浸水が必要ない加工済みの玄米です。普通の玄米でも大丈夫です。
・もち米:0.5合(75g)
・粒あん:150g
・きな粉:20g ※青きな粉でも
・砂糖:20g

1.もち米をさっと洗い、水気を切る。炊飯釜にもち米、無洗米玄米、塩2つまみを入れ、1合線まで水を張り、炊飯する。
普通の玄米で作る場合には、水加減をした後2時間〜半日浸水してから炊飯してください(もち米と一緒で構いません)。前の晩に浸水し、翌日炊飯するなど工夫してみてください。

2.ごはんが炊けたら、めん棒に水をつけて3分ほどつぶす。(目安は100回)
つぶした方が玄米ともち米がしっかり馴染み、モチモチ感がアップします。


3.手に水をつけ、ごはんを10等分にして丸める。


4.粒あんも同様に5等分にして丸める。


5.ラップにあんを広げ、丸めたごはんをのせる。


6.ラップを軽くねじりながら閉じ、手で形を整える。


7.残りのごはんにきな粉をまぶして器に盛る。最後にもう一度残りのきな粉をかける。



おうちで簡単にできる「玄米おはぎ」。普段のおやつや春秋のお彼岸に、お子さんと一緒に作ってみてくださいね。

おいしい新米が登場! 奥能登こしひかり<特別栽培米>、こしいぶき<残留農薬不検出>、まっしぐら<残留農薬不検出>などがラインナップする、安心安全なスマート米をどうぞ!

お求めはこちら SMART AGRI FOOD
この記事の転載元
SMART AGRI(スマートアグリ)
「SMART AGRI」はAI・IoT・ロボットといったスマート農業について、農業関係者が必要とする情報をわかりやすくお伝えする農業×ITの専門メディアです。